妊娠中の体のケアの一つ|化粧品によって肌の調子を整える|40代でも諦めない

化粧品によって肌の調子を整える|40代でも諦めない

レディー

妊娠中の体のケアの一つ

ソープ

妊娠中の肉割れの理由

妊娠中にお腹にできる線を妊娠線といい、肉割れしている状態を指します。よく知られているのはダイエットをした女性などにできる肉割れの線が、妊娠中の女性の体にも起こっている状態です。妊娠すると腹部が膨張し、それにつられて皮膚も伸びていきます。皮膚のなかでも皮下組織は膨張するお腹に追い付かなくなり、それが亀裂となって線になります。これが妊娠線と呼ばれるものが発生する過程です。妊娠線は薄くなることはあっても一生消えることはないと言われています。そのため、妊娠線の予防にクリームを使うことが必要となってくるのです。

妊娠中のお腹の皮膚のケア

妊娠線を予防するためクリームを使うことは効果的です。クリームはハリと潤いのある皮膚を保つための保湿のアイテムです。これは、肌に潤いを与え、ハリと柔軟性を持たせることで、妊娠線を予防します。では、クリームの使用開始時期はいつからが適正かと言うと、お腹が大きくなり始める妊娠5ヶ月ぐらいからとなります。クリームを選ぶ主なポイントは、保湿成分、肌にあっているか、におい、使いやすいかです。保湿成分は、妊娠線を予防するために必要な成分ですので、自分の肌にあった保湿成分を使用します。また、妊娠中はにおいに敏感になります。気にならないもしくは、自分の好きなにおいのクリームを選ぶとよいと思います。また、クリームは一日2回以上塗った方が効果があります。そのため、使いやすいものを使用し、継続してケアを行います。妊娠線はケアすることで、できにくくなりますので、後で後悔しないためにも、クリームで予防することをおすすめします。